希少糖のダイエット効果を検証

希少糖では本当に痩せられないの?

希少糖(レアシュガー)でダイエットは可能?

最近話題になってきている希少糖(レアシュガー)。
希少糖には脂肪蓄積抑制作用があります。

 

つまりダイエット効果があるということですね。

 

その効果がすごいということで「夢の糖」「奇跡の糖」
「次世代甘味料」などと華々しい名前がつけられています。

 

が、その一方で痩せられないのでは?という声も
なぜでしょう?

 

希少糖(レアシュガー)でダイエットはできないのでしょうか?

希少糖にはダイエット効果あります!!でも・・・

希少糖(レアシュガー)でダイエットは可能?

 

 

希少糖(レアシュガー)にはダイエット効果があります。

 

 

 

 

これは香川県や香川大学などが一貫となって研究しているものなので
きちんとした研究結果から効果が実証されているものです。

 

今回注目が集まっているのは自然界に50種類以上ある希少糖(レアシュガー)の中の
D-プシコースという物質です。

 

D-プシコースは砂糖の70%程度の甘さがあるのに
カロリーが0(ゼロ)という嬉しい糖なんですね。

 

希少糖(レアシュガー)

D-プシコースにはダイエット効果のほかにも

 

食後血糖値上昇抑制作用

脂肪蓄積抑制作用

動脈硬化予防作用

血圧上昇抑制作用

抗酸化作用

 

などが報告されていて糖尿病やメタボ対策などにも
期待が集まっています。

 

 

ですが
注意しておかなくてはいけないことがあります。

 

 

 

 

 

希少糖(レアシュガー)プシコース

香川県や香川大学などが実証しているダイエット効果や
食後血糖値上昇抑制作用などの効果は
D-プシコース(希少糖)を100%摂取した場合です。

 

一方、現在甘味料として発売されている希少糖は
D-プシコース100%ではありません。

 

写真のレアシュガースウィートはD-プシコース5%含有のシロップです。
D-プシコースのほかに別の希少糖(D-アロースなど)が含まれており、
それも含めた希少糖は15%含有です。

 

主成分は普段私たちが口にしているブドウ糖や果糖なんです。

 

なのでこのレアシュガースウィートを大量に摂取したからといって
ダイエットできるわけではありません。
摂り過ぎはかえって体に負担になってしまう場合もあるので注意が必要になります。

 

 

希少糖(レアシュガー)を効果的に摂るには?

希少糖(レアシュガー)

上記のことからもおわかりのように
希少糖(レアシュガー)は痩せるからといって大量に摂ってしまうと
逆に太ってしまう可能性もあるので注意してくださいね。

 

とはいえ、このレアシュガースウィートはブドウ糖・果糖・希少糖(レアシュガー)
それぞれが最大限に効果を発揮できるようにバランスのいい配合にしているので
いろいろな料理に使用することが可能です。

 

くれぐれも使う量には注意して無理せず楽しくダイエットをしましょう♪


このページの先頭へ戻る